据置き型ガスふろ給湯器交換工事

戸建てによくあるタイプですが、壁掛けではなく床に据え置かれています。浴槽との間は二本の配管で繋がっており循環していますが、このタイプ、全く同じの後継機はメーカーからどんどんなくなっている最中です。完全になくなるか、あっても高いエコジョーズ商品だったりするのですが、今回の依頼者様もやはり高額な給湯暖房機を奨められ困っているとの事でした。そこで今回ご提案したのは配管穴は1本になりますが片方...

高所設置タイプ給湯器のお取替え

マンション入居者様から給湯器が使えなくなったとのご依頼を受けすぐさま現場へ急行してみると・・・・なんと高い場所に給湯器がついているではありませんか!!地上から4mほどの高さに給湯器が設置されていました。室内からの取り付けを考えてみましたが給湯器の本体の重さが20KG以上あるタイプでしたので窓からの設置は不可能。結果、足場を組んでから施工にとりかかりました。職人も安全に作業ができ、入...

給湯暖房機・浴室乾燥暖房機交換

今回ご紹介するのは、給湯暖房機及び浴室乾燥暖房機交換工事になります。今現在ついている給湯器は、お湯の配管が浴室の換気扇につながっています。熱いお湯を通すことによって発生する熱を吹き出し、暖房乾燥機として使用できる浴室乾燥暖房機という商品になっており、こういった多機能な給湯器、給湯暖房機が今回の交換対象です。通常なら同タイプの商品に交換するところですが、何しろこの給湯暖房機、値段が高いで...

今回ご紹介するのは、石油給湯器からガス給湯器へのお取替えです!

一戸建てのお客様から「毎回、燃料買いに行ったり運んだり手間かかるし、いっそガスに変えたいなぁ~」というご相談あり、石油給湯器からガス給湯器へのお取替えをさせて頂きました!その際お客様から「今まで通り追い炊きはそのまま使いたいなぁ~」とのこと「了解しました!」追炊きタイプのガスふろ給湯器を選定。さらに「設置する場所今のとこから出来れば動かさんで」とのご要望あり、配管や周辺状況を確認し...

給湯暖房機交換工事

今回ご紹介するのは、給湯暖房機の交換工事になります。給湯器と言えば通常お湯を作る機械ですが、給湯暖房機はそのさらに上を行く進化版です。具体的にはお湯を作るだけでなく、お部屋の床下を通した配管にお湯を流し温める床暖房や、浴室の乾燥機にお湯を流し熱風を出す暖房機能を持たせたり。俗にいう大阪ガスさんのカワックが代表的ですね。作ったお湯で色んな事をできるすごい機械です。それだけに本体も大きく重...

排気延長給湯器交換工事

今回ご紹介するのは、給湯器交換工事になります。パイプスペースの上に丸い排気穴が見えますが、扉を開けるとパイプスペース奥に給湯器がついていました。給湯器本体からは有毒な排気ガスが出ますので、そのままだとパイプスペース内に排気が溜まってしまいます。ですので既設は排気筒を延長して扉外に出しています。もちろん取替えも同様に施工し、無事パイプスペース外に排気するようにして施工完了です。...

追炊き給湯器交換工事

今回ご紹介するのは、給湯器交換工事になります。元々付いているのが追炊きの給湯器ですが、写真にあるように室内の暖房器具にもつながっている、給湯暖房機と呼ばれるものでした。給湯器のお湯を使って温風を出す機械です。ただ今回この暖房器具はもう使用しないそうで内装工事の時に撤去してしまうとの事。なので給湯暖房機から普通の追炊き給湯器へ変更させて頂きました。少しコンパクトになる分取付ける枠...

屋内2本管給湯器交換工事

今回ご紹介するのは、屋内用給湯器交換工事になります。元々付いているのは珍しい屋内用2本管給湯器です。本体上に伸びた2本の管で外壁外側よりそれぞれ給気・排気をしています。今の給湯器は業務用以外で2本管というのはあまりないのですが、屋内用から変更はできない場所についているので何とか方法を考えました。今のタイプは1本の配管の内部が二重構造になっており、その中で同じく給気・排気が行われてい...

給湯器交換工事

今回ご紹介するのは、給湯器交換工事になります。通常の給湯器と違い写真のように排気筒が真ん中より左にずれています。これの交換にはいくつか方法がありますが、今回はなかでも廉価な方法であるPSの扉を加工するという方法を選びました。真ん中に排気筒を通せるようPS扉を加工、耐熱の化粧板を表に貼ります。これをすることによって通常タイプの真ん中排気等タイプの給湯器が設置でき廉価になります。た...

前方排気延長型給湯器の御取替工事

今回ご紹介するのは、前方排気延長型給湯器の御取替工事です。正面方向から排気筒を伸ばして屋外へ排気する給湯器ですね。こちらでも何度かご紹介させて頂きました。今回はPSに設置されており、すぐ上の天井へ排気筒が接続されております。給湯器の前方が解放廊下で屋外がすぐ見えていればこの様に排気筒を接続・延長する必要もなく標準タイプでの設置が可能なのですが、今回の物件は共用ホール...

お電話・WEBからの連絡先